第4回ヘルスケアベンチャー大賞

ご挨拶

この度、第4回ヘルスケアベンチャー大賞を募集します。
皆様ぜひ奮ってご応募いただければと思います。

この賞は、日本抗加齢協会、日本抗加齢医学会で日本初のアンチエイジングヘルスケア領域のイノベーションを起こすことをサポートする目的で作られました。昨年の第3回ヘルスケアベンチャー大賞も、第1回、第2回に引き続き大成功に終わり、たくさんのご応募をいただきましたことをこの場をお借りして御礼申し上げます。

現在、日本では新型コロナウィルスの感染が落ち着いてきたとはいえ、まだまだ長引いております。
社会のシステムや世界の価値観が大きく変わる中、あらゆる産業のイノベーションは待ったなしです。
新たなスタートアップやベンチャー企業を起こすのは容易なことではございませんが、是非、この超高齢化社会の中から、日本独自のイノベーションが起きることを期待したいと思います。
世界に誇れる1億人以上の方が80歳以上の寿命を保持していることには大きな価値があると信じております。

ヘルスケアベンチャー大賞はスタートアップベンチャーを対象にするものと、個人を対象にするものと2つの分野で成り立っています。ぜひビジネスモデルまで含めました企業に応募していただくとともに、アイデアだけだけどこれから練っていきたいと思われる個人の開業の先生や研究者の方も積極的に応募していただければと思います。

ヘルスケアベンチャー大賞の場にご一緒させていただくことで新しい価値の遭遇ができることを期待します。

坪田一男

第4回ヘルスケアベンチャー大賞 実行委員会委員長
日本抗加齢医学会イノベーション委員会委員長
坪田 一男
(株式会社坪田ラボCEO)

開催概要

主催
日本抗加齢協会
共催
日本抗加齢医学会
後援
三井不動産LINK-J読売新聞社
協賛
株式会社オールアバウト株式会社ケアネットバイオ・サイト・キャピタル株式会社太陽生命少子高齢社会研究所
スケジュール
[募集期間] 2022年5月9日(月)~7月25日(月) 8月5日(金)まで延長
[1次書類審査] 2022年8⽉5⽇(⾦)〜9⽉2⽇(⾦)
[ファイナリスト発表] 2022年9月5日(月)
[最終審査会] 2022年10月21日(金)15:00〜17:00 会場とWEBハイブリッド開催
募集テーマ
アンチエイジングからイノベーションを!
アンチエイジングに資するヘルケア分野のビジネスプラン/アイデアを広く募ります。
生活習慣病の予防、老化による疾病予防、高齢者の自立、医療、介護、技術、
創薬、遺伝子治療、再生医療製品、食品、化粧品、AI、ヘルスケアIT、
ビッグデータ解析、ディープラーニング、ウェラブルデバイス、環境など
賞金
 企業・団体応募 
大賞:100 万円 学会賞:30 万円
ヘルスケアイノベーションチャレンジ賞:20 万円
 個人応募 
最優秀アイデア賞:15 万円 アイデア賞:10 万円
副賞
ファイナリスト企業を「日本抗加齢協会認定スタートアップカンパニー」に認定します。
起業支援サービス
大学発新産業創出プログラム(START)への推薦
製品やサービスの紹介(生活総合情報サイトAll About、ケアネット)
必要に応じて医学的な見地でのアドバイスや監修
大賞、学会賞受賞者は、第23回日本抗加齢医学会総会での発表(シンポジウム)
受賞企業に、第23回日本抗加齢医学会総会の企業展示支援
実行委員会
【日本抗加齢医学会イノベーション委員会】
■委員長
 坪田 一男(株式会社坪田ラボCEO)
■委員
 堀江 重郎(順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学 教授)
 森下 竜一(大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授)
 新村 健(兵庫医科大学総合診療科 主任教授)
 尾池 雄一(熊本大学大学院生命科学研究部・医学系総合医薬科学部門 代謝・循環医学講座分子遺伝学分野 教授)
 中神 啓徳(大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学講座 教授)
 佐野 元昭(慶應義塾大学循環器内科 准教授)
 古家 大祐(社会医療法人誠光会 淡海医療センター 病院長)
 江幡 哲也(株式会社オールアバウト 代表取締役社長)
 福田 伸生(バイオ・サイト・キャピタル株式会社 専務取締役)
 藤井 勝博(株式会社ケアネット 代表取締役社長)

応募について

応募条件
企業、団体、個人
※企業の場合は、ベンチャー企業のほか、企業の新規事業、社内ベンチャーも可とします。
※個人の場合は、日本抗加齢医学会会員または、日本抗加齢協会賛助会員社に所属する者とします。まだ会員となっていない場合は、応募前にご入会をお願いします。
※アイデア賞は個人のみとします。
応募先
電子メールに応募資料を添付して、下記へ送信してください。
ヘルスケアベンチャー大賞事務局 healthcare-v@anti-aging.gr.jp
件名:「第4回ヘルスケアベンチャー大賞 応募(応募企業/団体名または個人名)」
応募方法
応募書式1と2をダウンロードし、必要事項を記載してご応募ください。
この様式ファイル以外にパワーポイント形式またはPDF形式のプレゼン資料を添付いただいても結構です(様式自由)。
ただし、応募様式を含めて9MB未満に収めてください。(分割での送信やファイル転送サービスを利用した応募はしないで下さい)。
■企業、団体での応募方法
応募書式1(Excel) ダウンロード 企業用応募書式1
 (1) 応募企業情報
 (2) 担当者情報
 (3)応募ビジネス情報
応募書式2(Word) ダウンロード 企業用応募書式2
 (1) 本件応募ビジネスの説明
 (2) 応募企業の実績
 (3) 研究開発の業績
 (4) 研究開発・製品開発の体制
 (5) 支援ニーズについて

■個人での応募方法
応募書式1(Excel) ダウンロード 個人用応募書式1
 (1) 応募者情報
 (2) 応募アイデア情報
応募書式2(Word) ダウンロード 個人用応募書式2
 (1) 本件応募アイデアの説明
 (2) 応募の背景
 (3) 研究開発の業績
 (4) 研究開発・製品開発の構想
 (5) 支援ニーズについて

審査基準
について
(1) インベンション(新規性、独自性、実現可能性)
(2) コマーシャライゼーション(市場規模、収益性)
(3) 社会貢献性
の複合点で優劣を判定します。
選考・最終審査
について
書類選考でファイナリスト(企業 5枠/個人 3枠)を選出します。
最終審査でファイナリストにはプレゼンテーションを行い、その場で最終選考ならびに受賞者を決定し、授賞式を行います。
書類選考の参考として、必要に応じ面談をさせていただく場合があります。
ファイナリストにはプレゼンに関するアドバイスをさせていただく場合があります。
最終審査会
最終審査会は以下の通り開催いたします。参加はどなたでも可能ですが、事前に登録をお願いします。
■日時:2022年10月21日(金)15:00〜17:00
■開催形式:会場開催とWEBのハイブリッド
■会場候補:室町三井ホール(東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 COREDO室町テラス3階)
■スケジュール:
1.実行委員長挨拶
2.本日の進行についての説明
3.ファイナリストによるプレゼンテーション
4.特別講演
特別講演タイトル「デジタル技術による持続可能な医療」
上野 太郎 サスメド株式会社 代表取締役社長(医師・医学博士)
上野 太郎
略歴
医師・医学博士
2006年東北大学医学部卒業
精神医学・神経科学分野を中心とした科学業績を多数有し、臨床医として専門外来診療も継続。大学や国立センター等との共同研究を主導。
井上研究奨励賞、武田科学振興財団医学系研究奨励、内藤記念科学奨励金・研究助成、肥後医育振興会医学研究奨励賞など受賞。
日本睡眠学会評議員、経済産業省ヘルスケアIT研究会専門委員。
5.審査結果発表と各賞表彰式
  大賞  100万円
  学会賞 30万円
  ヘルスケアイノベーションチャレンジ賞 20万円
  最優秀アイデア賞 15万円
  アイデア賞 10万円
6.審査委員長より総評
7.閉会の挨拶
お問合せ先
ヘルスケアベンチャー大賞事務局(日本抗加齢協会内)
〒103-0024東京都中央区日本橋小舟町6-3 日本橋山大ビル4F
e-mail:healthcare-v@anti-aging.gr.jp
TEL:03-5651-7503
※審査に関するついてのお問い合わせには応じられません。