第2回学術フォーラム アンチエイジングを極める。
ご挨拶

 このたび日本抗加齢協会第2回学術フォーラムを年12月6日(水)、7日(木)に大阪国際会議場において
開催いたします。
 第2回学術フォーラムは「アンチエイジングを極める」をテーマに、多業種の企業と研究者のかけ橋となり、
技術を高め、新たな事業育成、創性することを目的とし、大阪で開催します。
 2025年に立候補した大阪万博は「いのち輝く未来 社会のデザイン」がテーマ! 実現すれば日本の健康に
かかわる産業界にとって最大のチャンスであり、日本で新しい健康に関連する産業を生み出すパワーになります。
 高齢化社会をヒト・モノ・サービスそしてテクノロジーでどう変えていくのか、輝く社会にできるのか、
世界は日本がどう答えを出すのか注目しています。
 健康をテーマに様々な分野の産学官が一体になって議論したいと思います。 多くのご参加をお待ちしています。


日本抗加齢協会 第2回学術フォーラム
会長 森下 竜一
日本抗加齢協会副理事長
大阪大学大学院医学研究科臨床遺伝子治療学寄附講座 教授

日本抗加齢協会第2回学術フォーラム


開催概要
会長 森下 竜一 (大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授)
準備委員長 中神 啓徳 (大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学講座 教授)

◆プログラム委員会:

委員長 内藤 裕二 (京都府立医科大学消化器内科 准教授)
委 員 市橋 正光 (再生未来クリニック神戸 院長)
井上 浩義 (慶應義塾大学医学部化学教室 教授)
尾池 雄一 (熊本大学生命科学研究部分子遺伝学分野 教授)
太田 博明 (国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授、
 山王メディカルセンター女性医療センター長)
梶本 修身 (大阪市立大学大学院医学研究科疲労学講座 教授)
勝谷 友宏 (大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座 特任准教授)
新村 健  (兵庫医科大学内科学総合検診科 主任教授)
田中 孝  (田中消化器科クリニック 院長)
内藤 裕二 (京都府立医科大学消化器内科 准教授)
堀内 正嗣 (愛媛大学大学院医学系研究科分子心血管生物・薬理学 教授)
堀江 重郎 (順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学 教授)
松﨑 靖司 (東京医科大学茨城医療センター消化器内科 教授)
南野 徹  (新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科 教授)
山田 秀和 (近畿大学医学部奈良病院皮膚科 教授)
吉村 紳一 (兵庫医科大学脳神経外科 主任教授)
演題募集

演題募集・規定
第2回学術フォーラムにおいて演題を募集いたします。 内容は、自社の研究成果(カテゴリは問いません)とします。
応募演題数の制限はありません。


演題募集期間
2017年9月1日(金)~2017年10月31日(火)


発表形式
  • ポスター


演題提出の資格
日本抗加齢協会賛助会員社に限ります。

入会のご案内
特定非営利活動法人日本抗加齢協会 事務局
会員登録についてはこちらから 
TEL: 03-6402-2610 E-mail: jaaf@anti-aging.gr.jp


演題応募方法
インターネットによる応募のみとなります。
演題受付期間中、演題登録ページ下にある演題登録のボタン演題登録画面へお進みください。必要な事項を入力の上「登録」ボタンをクリックし、登録をしてください。


演題内容
  1. 抄録の表題、演者名、抄録内容、倫理的配慮など、演題の内容についてはすべて発表者の責任において確認したものとします。
  2. 以下の項目に該当する抄録は、書き直しをお願いすることとなりますのでご留意ください。
    1. 倫理委員会の承認あるいはインフォームド・コンセントを得るべきと考えられる研究について、倫理委員会の承認あるいはインフォームド・コンセントを得た旨の記載がない演題
    2. 倫理的に明らかに問題があると判断される演題
    3. 個人情報の保護の点から問題があると判断される演題
  3. 筆頭著者は必ず発表者としてください。著者は最大10名(筆頭著者含む)、著者所属機関名は最大10機関(筆頭著者の所属を含む)まで登録可能です。
  4. 演題名は全角60文字、半角120文字以内で作成してください。抄録本文は、全角850文字、半角1700文字、図表がある場合は全角569文字、半角1138文字まで入力可能です。 これらの文字数を超えると登録できませんので、ご注意ください。
    また、抄録本文は、最初にご自身のワードプロセッサーで作成し、コピー機能を使って、抄録本文用枠内にペーストすることをお奨めします。


受領通知
登録が完了すると、入力した電子メールアドレス宛に確認のメールが返信されますので、必ず内容をご確認ください。
確認のメールが届かない場合は、電子メールアドレスが間違って入力されている可能性がありますので、確認・修正画面から正しく登録されているかをご確認ください。


演題登録の「確認・修正・削除」
演題受付期間内であれば、一旦登録された演題の変更、削除が可能です。


演題の採否通知
演題の採否・発表日時などにつきましては会長にご一任ください。2017年11月初旬頃までに電子メールで採否を通知し、ホームページに採否ならびに発表形式などを公開いたします。
※ 郵送による通知は行いません。


演題登録についてのお問合せ先
日本抗加齢協会事務局
〒105-0001東京都港区虎ノ門3-10-4-313
TEL: 03-6402-2610  FAX: 03-6402-2601
E-mail: jaaf@anti-aging.gr.jp


演題登録はこちら 演題編集・削除はこちら
参加登録について

・事前参加登録の受付は 11月25日まで。
・登録方法 オンライン登録
・参加費のお支払い  クレジットカード
・事前参加費 
 賛助会員社 5000円/人(※3名様まで登録無料。事前参加登録のみ)
 日本抗加齢医学会会員  5000円/人
 一般    10000円/人
 
 意見交換会(懇親会 5000円/人) 
  梅田スカイビル B1 滝見小路 
  
 抄録集       1000円/冊

 11月26日以降は、当日会場でご登録いただくこととなります。 
・当日参加費
 賛助会員社 10000円/人 
  (※賛助会員社の3名様までの登録無料は事前参加登録のみ)
 日本抗加齢医学会会員  10000円/人
 一般   15000円/人
 
 意見交換会(懇親会 5000円/人)
  
 抄録集       1000円/冊

参加登録をする
参加者へのご案内
  • 座長へのご案内
  • 演者へのご案内
  • 一般演題(ポスター)発表者へのご案内
  • 参加者へのご案内
交通・会場マップ

会場 大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51 TEL 06-4803-5555

会場へのアクセスはこちら フロアマップはこちら
▲ このページの先頭へ戻る