第1回学術フォーラム 産学協創で目指すアンチエイジングライフ 産・学・官が結集した注目の研究成果・技術・製品を紹介する学術フォーラム

今日、老いも若きも男も女も「ライフスタイル」の一環としてアンチエイジングが定着しつつあります。こうした社会、市場環境は、昨年始動した機能性表示食品制度への届出に見られるように、多くの企業が健康増進につながる商品を開発するために、様々な研究に邁進していることが顕著になりました。企業の研究は食品にとどまらず、今後様々な分野に広がることでしょう。このような情勢を踏まえ、アンチエイジングを取り巻く産業のアジェンダを形成し産・学・官が結集した注目研究成果・技術・製品を紹介する学術フォーラムを開催することとしました。 第1回学術フォーラムではアンチエイジングをキーワードに、多業種間の共同研究、企業と研究者のかけ橋となり、更には研究技術を高め、新たな事業育成、創性につなげることを目的とし、街そのものがアンチエイジングの象徴の京都で、研究者たちの英知が結集し、議論を尽くし、国民の生活を豊かにするための物、情報、サービスそしてコミュニケーションが生まれることを期待したいと思います。 多くの企業、皆さまのご参加をお待ちしています。

会長 吉川 敏一
日本抗加齢協会理事長、京都府立医科大学学長
開催概要

主 催:特定非営利活動法人日本抗加齢協会 ホームページはこちら

会 期:2016(平成28)年12月5日(月)・6日(火)

テーマ:産学共創で目指すアンチエイジングライフ

場 所:国立京都国際会館(京都市)アネックスホール

会 長:吉川 敏一(日本抗加齢協会理事長・京都府立医科大学 学長)

事務局長:内藤 裕二(京都府立医科大学消化器内科 准教授)

プログラム委員会

プログラム委員長:森下 竜一

(日本抗加齢協会副理事長・大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学 教授)

プログラム委員会事務局長:中神 啓徳(大阪大学大学院医学系研究科健康発達医学講座 教授)

プログラム委員(敬称略、五十音順)

市橋 正光(再生未来クリニック神戸 院長)

井上 浩義(慶應義塾大学医学部化学教室 教授)

尾池 雄一(熊本大学生命科学研究部分子遺伝学分野 教授)

太田 博明(国際医療福祉大学臨床医学研究センター 教授/山王メディカルセンター女性医療センター長)

田中 孝 (田中消化器科クリニック 院長)

内藤 裕二(京都府立医科大学消化器内科 准教授)

堀江 重郎(順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学 教授)

松﨑 靖司(東京医科大学茨城医療センター消化器内科 教授)

南野 徹 (新潟大学大学院医歯学総合研究科循環器内科 教授)

山田 秀和(近畿大学医学部奈良病院皮膚科 教授)

問い合わせ先

日本抗加齢協会事務局

TEL 03-6402-2610 FAX 03-6402-2601

E-mail forum@anti-aging-org.jp

演題募集

第1回学術フォーラムの一般演題の受付は終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

プログラムのご案内
プログラムをPDFでご確認いただけます。(>>12月5日(月)プログラムPDF)

10:00 ~

開会式、及び進行の説明  10:00 – 10:10

特別講演 110:15 – 11:00高齢社会を支える革新的サイバニックシステム

座長:吉川 敏一京都府立医科大学学長

吉川 敏一

演者:山海 嘉之筑波大学大学院システム情報工学研究科教授
筑波大学サイバニクス研究センターセンター長
CYBERDYNE株式会社代表取締役社長・CEO

山海 嘉之

11:10 ~

シンポジウム111:10 – 12:00超高齢化社会を乗り越える –未病への挑戦

座長:松﨑 靖司東京医科大学茨城医療センター
消化器内科教授

松﨑 靖司

座長:新村 健兵庫医科大学総合診療科
主任教授

新村 健

Keynote Lecture11:10 – 11:30抗酸化剤の本質的機能への挑戦

演者:内田 浩二東京大学大学院農学生命科学研究科
応用生命化学専攻食糧化学研究室教授

内田 浩二

  • 講演111:30 – 11:40新たに見つかった機能性成分プロテオグリカン

    坪井 誠一丸ファルコス株式会社
    執行役員開発部長

  • 講演211:40 – 11:50万病の元「ストレス」を緩和するGABA

    山下 裕輔 株式会社ファーマフーズ
    営業部部長

  • 講演311:50 – 12:00ビルベリーのアントシアニンが目や体に与える健康作用

    小川 健二郎 株式会社わかさ生活
    品質管理部研究チーム、博士(薬学)

12:00 ~

12:00 – 12:50 昼休憩(昼食は各自でお願いいたします。)

12:50 ~

ポスター発表12:50 – 13:40

13:50 ~

シンポジウム213:50 – 15:10産学協創で機能性表示食品を育てるには、何をすべきか?

座長:森下 竜一大阪大学大学院医学系研究科
臨床遺伝子治療学教授

森下 竜一

座長:堀江 重郎順天堂大学大学院医学研究科
泌尿器外科学教授

堀江 重郎

Keynote Lecture13:50 – 14:10機能性表示食品の現状と将来展望

演者:赤﨑 暢彦消費者庁食品表示企画課長

赤﨑 暢彦

  • 講演114:10 - 14:20機能性表示食品制度への期待と課題 ~産学協創で切り開く~

    駒村 純一森下仁丹株式会社
    代表取締役社長

  • 講演214:20 - 14:30企業における
    機能性表示食品の実態

    宮島 和美株式会社ファンケル
    代表取締役社長(COO)

  • 講演314:30 - 14:40産学協創で機能性表示食品を育てるには、何をすべきか?

    ジュネジャ・レカ・ラジュロート製薬株式会社
    取締役副社長

パネルディスカッション14:40 - 15:10

15:20 ~

シンポジウム315:20 – 16:20メタボ克服に挑む-食品からの挑戦-

座長:尾池 雄一熊本大学大学院生命科学研究部
代謝・循環医学講座分子遺伝学分野教授

尾池 雄一

座長:福井 道明京都府立医科大学大学院
医学研究科内分泌・代謝内科学教授

福井 道明

Keynote Lecture15:20 - 15:40アンチAGEからアンチメタボを考える

演者:山岸 昌一久留米大学医学部
糖尿病性血管合併症病態治療学教授

山岸 昌一

  • 講演115:40 - 15:50機能性表示食品素材“ローズヒップ”

    田中 幸雅森下仁丹株式会社
    研究開発総括本部本部長

  • 講演215:50 - 16:00カネカ・グラボノイドの生理作用

    藤井 健志カネカQOL事業部幹部職

  • 講演316:00 - 16:10ラクトフェリンの内臓脂肪低減作用と作用機序解析

    村越 倫明ライオン株式会社生命科学研究所長

  • 講演416:10 - 16:20追記糖と脂肪の吸収を抑える「カロリミットⓡ」シリーズの開発

    北野 嶺株式会社ファンケル総合研究所機能性食品研究所

16:30 ~

シンポジウム416:30 – 17:30消化管(おなか)が変わればカラダもココロも変わる

座長:渡邊 昌公益社団法人 生命科学振興会理事長

渡邊 昌

座長:内藤 裕二京都府立医科大学消化器内科准教授

内藤 裕二

Keynote Lecture16:30 - 16:50腸内フローラが変わればカラダもココロも変わる

演者:内藤 裕二京都府立医科大学消化器内科准教授

内藤 裕二

  • 講演116:50 - 17:10Gut dysbiosisと大腸発がんに対するアガロオリゴ糖の有効性

    大野木 宏タカラバイオ株式会社事業開発部部長代理

  • 講演217:10 - 17:20ビフィズス菌BB536含有ミルクの継続摂取が中高年者の心身へ及ぼす影響

    岩淵 紀介森永乳業株式会社
    研究本部素材応用研究所
    主任研究員

  • 講演317:20 - 17:30Lactobacillus brevis KB290はビタミンAとの併用によって腸管炎症を抑制する

    福家 暢夫カゴメ株式会社
    イノベーション本部 自然健康研究部健康メカニズム研究グループ

17:40 ~

シンポジウム517:40 - 18:40アンチエイジング効果を高めるエクササイズ-筋骨連関を意識して-

座長:太田 博明国際医療福祉大学教授
山王メディカルセンター女性医療センター長

太田 博明

座長:石井 好二郎同志社大学スポーツ健康科学部教授

石井 好二郎

Keynote Lecture 117:40 - 18:00運動・身体活動とサルコペニア

演者:石井 好二郎 同志社大学スポーツ健康科学部教授

Keynote Lecture 218:00 - 18:20サルコペニア・フレイルとその予防アプローチ

演者:小川 純人東京大学大学院医学系研究科
加齢医学准教授

小川 純人

  • 講演118:20 - 18:30サルコペニア予防のためのEMSを使用したエクササイズ

    桑畑 亮嗣エクスケア・ジャパン株式会社
    代表取締役社長

  • 講演218:30 - 18:40 アンチエイジング素材天然アスタキサンチンの筋肉に対する作用

    山下 栄次 アスタリール株式会社研究開発部

プログラムのご案内
プログラムをPDFでご確認いただけます。(>>12月6日(月)プログラムPDF)

9:00 ~

シンポジウム69:00 – 10:00医農連携-農産物の機能性

座長:吉川 敏一京都府立医科大学学長

吉川 敏一

座長:澁澤 栄アグロメディカルフード研究機構
副理事長

Introduction9:00 – 9:10

演者:澁澤 栄アグロメディカルフード研究機構
副理事長

澁澤 栄

Keynote Lecture9:10 – 9:30機能性を持つ農林水産物の研究開発の推進について

演者:髙橋 仁志農林水産省農林水産技術会議事務局
研究推進課長

髙橋 仁志

  • 講演19:30 – 9:40三ヶ日町農協の機能性食品制度への取り組み

    後藤 善一三ヶ日町農業協同組合
    代表理事組合長

  • 講演29:40 – 9:50日本初の機能性表示生鮮野菜「大豆イソフラボン子大豆もやし」と「ベジフラボン」の開発

    中田 光彦株式会社サラダコスモ
    研究開発部部長

  • 講演39:50 – 10:00機能性野菜の開発と今後の展開

    河野 尚之株式会社村上農園
    営業企画室室長

10:10 ~

シンポジウム710:10 – 11:10リラクゼーション-睡眠・アロマ・お笑いの認知機能への効果

座長:田中 孝田中消化器科クリニック院長

田中 孝

座長:赤澤 純代金沢医科大学総合内科学集学的医療部総合医療センター准教授、集学的医療部女性総合医療センター副センター長

赤澤 純代

Keynote Lecture10:10 – 10:30一休さんはとっても長生き-メンタルヘルスの視点から-

演者:高部 知子京都十全会グループ顧問・精神保健福祉士

高部 知子

Keynote Lecture10:30 – 10:50アロマによる認知症予防

演者:浦上 克哉鳥取大学医学部保健学科 生体制御学教授

浦上 克哉

お笑いライブ10:50 – 11:10

アキナ
吉本興業

アキナ

11:20 ~

シンポジウム811:20 – 12:20ライフスタイル-衣住環境から考えるアンチエイジング

座長:井上 浩義慶應義塾大学医学部化学教室
教授

井上 浩義

座長:山田 秀和近畿大学医学部奈良病院皮膚科
近畿大学アンチエイジングセンター教授

山田 秀和

Keynote Lecture11:20 – 11:40抗加齢医学の実践には、運動・食事・精神・環境問題の理解が重要である。

演者:山田 秀和近畿大学医学部奈良病院皮膚科
近畿大学アンチエイジングセンター教授

山田 秀和

Keynote Lecture11:40 – 12:00運動-住空間を利用したストレスマネージメント

演者:青井 渉京都府立大学大学院生命環境科学研究科助教

青井 渉

  • 講演112:00 – 12:10住宅と健康について

    中川 浩パナホーム株式会社住宅・技術
    研究所居住環境研究室室長

  • 講演212:10 – 12:20快適歩行速度を向上させるコンプレッションタイツの紹介

    串田 啓介ミズノ株式会社研究開発部 ライフイノベーション研究開発課

12:20 ~

12:20 – 13:10 昼休憩(昼食は各自でお願いいたします。)

13:10 ~

ポスター発表13:10 – 14:00

14:10 ~

シンポジウム914:10 – 15:10見た目における健康増進を考える

座長:市橋 正光再生未来クリニック神戸
院長

市橋 正光

座長:大慈弥 裕之福岡大学医学部形成外科
教授

大慈弥 裕之

Keynote Lecture14:10 – 14:25ペプチドを素材とした商品開発

演者:中神 啓徳大阪大学大学院医学系研究科
健康発達医学講座寄付講座教授

中神 啓徳

Keynote Lecture14:25 – 14:40ヒトは「みため」とともに老いる

演者:伊賀瀬 道也愛媛大学大学院医学系研究科
老年・神経・総合診療内科学
抗加齢・予防医療センター特任教授

伊賀瀬 道也

  • 講演114:40 – 14:50加齢を加速させるタンパク質に着目した化粧品開発

    間地 大輔株式会社再春館製薬所
    研究開発部事業マネージャー

  • 講演214:50 – 15:00スキンケア化粧品とマッサージによる健康増進を考える

    関 泰三株式会社ノエビア グループ総合研究開発部執行役員、薬理研究開発グループ担当部長兼課長

  • 講演315:00 – 15:10肌の潤いを守る食品―アスタキサンチン含有食品を例として―

    関 忍株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリープロダクトマネージメント部マネージャー

15:20 ~

シンポジウム1015:20 - 16:10ウェルネス-肉体的疲労と精神的疲労の回復

座長:木下 茂京都府立医科大学特任講座
感覚器未来医療学特任教授

木下 茂

座長:梶本 修身大阪市立大学大学院医学研究科
疲労医学講座特任教授

梶本 修身

Keynote Lecture15:20 – 15:40すべての疲労は自律神経が原因―老化防止のカギは疲労克服!

演者:梶本 修身大阪市立大学大学院医学研究科
疲労医学講座特任教授

梶本 修身

  • 講演115:40 – 16:00テーマパークにおける健康寿命増進プログラムの試み

    木村 修ハウステンボス
    京都府立医科大学小児外科特任教授

  • 講演216:00 - 16:10旅先でのアンチエイジング ~ウェルネスツーリズム~

    加森 万紀子加森観光株式会社主任

16:15 ~

特別講演 2 16:15 – 17:00 「健康をはかる」 から 「健康をつくる」 へ
「日本を健康に」するタニタの取り組み 

座長:森下 竜一大阪大学大学院医学系研究科
臨床遺伝子治療学教授

森下 竜一

演者:谷田 千里株式会社タニタ代表取締役社長

谷田 千里

閉会の辞  17:00 –

日程表のご案内

参加登録について

・事前参加登録は 11月24日で受付を終了しました。                                        

今後は会場にて当日参加登録をご利用ください。  

当日参加の場合は、  参加費 賛助会員社 8000円/人 (※賛助会員社の5名様までの登録無料は事前参加登録のみ)

日本抗加齢医学会会員  8000円/人

一般   15000円/人

意見交換会(懇親会 5000円/人)

抄録集       1000円/冊

・日本抗加齢医学会 会員の皆さまへ

   

学会誌10月号に同梱をしておりました、ご案内パンフレットに、学会の認定単位を申請中と記載しておりましたが、

単位の認定は無となりました。何卒ご了承ください。 

参加者へのご案内
  • 座長へのご案内
  • 演者へのご案内
  • 一般演題(ポスター)発表者へのご案内
  • 参加者へのご案内
交通・会場マップ

会場 国立京都国際会館
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池(正式住所:〒606-0001京都市左京区岩倉大鷺町422番地)

会場へのアクセスはこちら フロアマップはこちら
▲ このページの先頭へ戻る